倉庫の特徴

倉庫は港湾エリアや工業団地に存在するために、一般の投資家にとって、あまり馴染みがない不動産かもしれません。 しかし、欧米では安定した賃料収入が見込める収益不動産として古くから認知されており、アメリカでは倉庫専門のREITも存在します。 日本でも、ようやく投資用不動産として注目され始め、ファンド…
第2に、メンテナンス費用が低く抑えられていることです。 倉庫の場合、一般に空調設備は不要(必要に応じテナントが持ち込む)で、特殊な倉庫を除き、給排水設備も必要最低限で十分です。 従って、オフィスや住宅のような大規模な設備のリニューアル工事も不要で、注意することは倉庫内の商品に被害が出ないよ…
倉庫賃料の安定性は、一方で賃料が上昇する見込みも少ないことを意味しています。 商業施設のようにテナントを入れ替えたり、住宅のように外壁や設備を綺麗にしたりしても、倉庫の場合、「使えればいい」というテナントがほとんどですので、賃料は上がりません。 従って、いわゆる「バリューアップ」は、あまり…
最後に、よく投資の方から「倉庫の土地は倉庫でなくなったらどうするのですか?転用可能ですか?」という質問を受けます。 もちろん、住宅地の真ん中にある倉庫であれば、住宅や商業施設への転用が考えられます。 しかし、そういう立地の倉庫は騒音問題などで近隣住宅とのトラブルも多く、優良な倉庫とは言え…
 【おすすめ投資ポータルサイト】